NJM2059 シリーズ
4回路入り汎用オペアンプ

データシートダウンロード

  • 概要

    NJM2059は、NJM2058に改良を加え、スルーレート2V/μs、利得帯域幅積6MHzと高性能化された4回路入り演算増幅器です。NJM4559と同特性を有しております。

  • 仕様
    民生
    回路数 4 ch.
    電源 Dual
    電源電圧範囲 ±4 V ~ ±18 V ( 8 V ~ 36 V)
    消費電流 (回路あたり) Typ. 1.75 mA ~ max. 2.825 mA
    入力オフセット電圧 Typ. 0.5 mV ~ max. 6 mV
    スルーレート Typ. 2 V/μsec
    入力バイアス電流 Typ. 20 nA ~ max. 500 nA
    入力オフセット電流 Typ. 5 nA ~ max. 200 nA
    利得帯域幅積 Typ. 6.8 MHz
    ノイズ電圧 (VNI) Typ. 1.4 μVrms
    ノイズ電圧 (en) Typ. 10 nV/√Hz
    動作温度範囲 -40°C ~ 85°C
    ジャンクション温度 125°C
    最小安定ゲイン 1 V/V
    パッケージ DIP14
    DMP14
    SSOP14
  • 技術資料
  • 品質・パッケージ
    • 製品詳細はデータシートをご参照ください
    • パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パット推奨寸法 (ランドパターン)、などは各パッケージをご参照ください
    • 公開されていない信頼性情報については、販売店または当社までお問い合わせください

データシートダウンロード

機能説明

以下の仕様で類似品を検索します。

カテゴリ:オペアンプ(OP アンプ)

回路数 4
電源 Dual
電源電圧
(+8V=8,
±8V=16)
min(V)
8
電源電圧
(+8V=8,
±8V=16)
max(V)
36
消費電流
(回路あたり)
typ(mA)
1.75
入力オフ
セット電圧
max(mV)
6
スルー
レート
typ(V/µsec)
2
利得帯
域幅積
typ(MHz)
6.8
en(nV/√Hz) 10