お客様のIoTシステム構築をアシスト

バッテリー電圧をモニタできる電源IC

外付け回路を取り込んで、バッテリーをモニタしたい

IoT市場が拡大する中、センサー、マイコン、通信用IC等を搭載したIoT端末には、バッテリーの長時間駆動や小型化が要求されると同時に、バッテリー電圧を測定できる機能も要求される機会が増えています。

電池電圧モニタ機能追加で、IoT機器の省スペース・長寿命・長時間駆動に貢献

日清紡マイクロデバイスの電池電圧モニタ機能を追加した電源ICは、IoT機器の省スペース・長寿命・長時間駆動に貢献します。

バッテリーモニタ (BM) 端子を電源ICに設けることでIoT機器の部品をへらすことができ、リーク電流も削減できます。また、このリーク電流は電池寿命に大きく影響します。システム全体の消費電流を抑えることによりバッテリーの長寿命・長時間駆動が実現、電池交換による工数も省けます。

モニタする電圧精度も±20mVと高く、バッテリーモニタ機能追加による消費電流の増加は0.1μA以下と非常に小さい値です。

従来品との比較(例:RP124x)

従来品: 外部抵抗で分圧

MCU内蔵のADコンバータの入力(①)が低インピーダンスのため、バッテリー電圧のモニタ入力の分圧抵抗(②)を低インピーダンスにする必要があります。そのため、分圧抵抗のパスで発生するリーク電流(消費電流)が大きくなるため、システム全体の消費電流が大きくなります。 外付け回路や制御信号線が必要なため、実装面積も大きくなります。

従来品:外部抵抗で分圧
  • システム全体の消費電流が大きい
  • 電圧精度が悪い
  • 外付け部品により実装面積が増える

RP124x: バッテリーモニタ機能付き

RP124の内部でバッテリー電圧を分圧し、BM端子から出力します。出力する分圧はバッテリー電圧の1/3または1/4を選択することが可能です。外付け部品も不要なため、実装面積の省スペース化を実現します。



RP124x: バッテリーモニタ機能付き
  • 電圧の精度が向上
  • 低消費電流で長時間駆動可能
  • 実装面積の削減に貢献

バッテリーモニタリング活用法

バッテリー電圧(1/3 or 1/4)のバッファー出力をMCU内蔵のADCで計測することで、3段階でのバッテリー残量表示として使用できます。

RP604

バッテリーモニタ機能付き 超低消費電流 電源IC

IoTデバイス向けRP124シリーズ

IoTデバイス向け RP124 シリーズ RP124 は、バッテリーモニタ (BM) 出力を備えた低消費電流のボルテージレギュレータ (LDO) です。 バッテリーモニタは、入力電圧 (VIN) を1/3または1/4に分圧して出力する機能を有しておりMCUなどでバッテリー残量監視することができます。バッファ出力するため、MCU内蔵の低電圧A/Dコンバータ (ADC) に直接入力することができます。

  バッテリーモニタ機能付き 低消費電流 (0.3µA) LDOレギュレータ

今後、IoT向け電源IC製品にバッテリーモニタ機能を、順次追加していきます。

製品名 機能 ISS IOUT VIN
RP124 バッテリーモニタ機能付き 低消費電流 LDOレギュレータ 0.3 µA 100 mA 1.7 V ~ 5.5 V
RP514 バッテリーモニタ機能付き 低消費電流 降圧DC/DCコンバータ 0.4 µA 100 mA 1.8 V ~ 5.5 V
RP515 バッテリーモニタ機能付き 低消費電流 降圧DC/DCコンバータ 0.4 µA 300 mA 1.8 V ~ 5.5 V
RP605 バッテリーモニタ機能付き 低消費電流 昇降圧DC/DCコンバータ 0.4 µA 300 mA 1.8 V ~ 5.5 V

お問い合わせ