NJL5820R
光学式反射型回転検出用センサ

データシートダウンロード

  • 概要

    NJL5820R は、高出力の赤外LED と自社製の受光IC 組み合わせた、表面実装小型・薄型の反射型センサです。推奨のストライプ反射板を利用する事で、2相(A,B 相)のデジタル信号が得られます。各種の回転検出に最適なセンサで、セットの低消費化や設計の簡略化に貢献できます。

    アプリケーション


    • フォーカスリングの回転検出
    • 操作ダイアルの回転検出
    • 簡易エンコーダー

  • 仕様
    民生
    発光側順電流IF 2 to 10 mA
    受光側電源電圧V+ 2.7 V ~ 5.5 V
    反射板までの距離d 0.5 to 1.5 mm
    受光側消費電流Icc 150 mm
    出力形式 2相デジタル出力
    ( 0°, 90°)
    分解能 50.8 LPI
    JEDEC標準耐湿レベル MSL5
    外形サイズ Typ. 2.6x2.5x0.8 mm
    動作温度範囲 -30°C to 85°C
    ジャンクション温度 100°C
    パッケージ COBP
    備考 デジタル2 相出力タイプ (A,B 相)
  • 技術資料
  • 品質・パッケージ
    • 製品詳細はデータシートをご参照ください
    • パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パット推奨寸法 (ランドパターン)、などは各パッケージをご参照ください
    • 公開されていない信頼性情報については、販売店または当社までお問い合わせください

データシートダウンロード

機能説明

以下の仕様で類似品を検索します。