ニュースリリース

車載・産業機器向け 同期整流型 VFM/PWM制御
入力最大60V 降圧DC/DCコントローラ「R1260 シリーズ」発売

2021年7月27日
リコー電子デバイス株式会社

リコー電子デバイス株式会社 (代表取締役社長:田路 悟) は、車載・産業機器向け高耐圧・降圧DC/DCコントローラ「R1260シリーズ」を発売します。

「R1260 シリーズ」は、入力電圧範囲が5.0V~60V、最大定格は80Vと高い電圧を直接入力できるDC/DCコントローラです。出力電圧は1.0V~16.0Vの範囲内で外部調整可能です。

昨今、車載のバッテリーが多様化しており、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した車両が欧州中心に増加傾向にあり、商用車は24Vバッテリーが多く使われています。また、リチウムイオン電池を動力源にしたマイクロモビリティ (電動バイクや電動キックスケーターなど) の普及も進んでおります。一方、産業機器に目を向けると、成長著しい5G基地局やデータセンターで48V配電が主流になりつつあり、従来からあるPLC等のFA機器、PoE受電システムなども48Vからの降圧が必要となります。
「R1260 シリーズ」は、最大60Vでの動作が可能なので、このようなアプリケーションで使用されるマイコン・SoC・センサー等のデバイスの電源電圧に直接降圧させることが可能です。

「R1260シリーズ」はFET外付けのコントローラタイプとなっており、お使いの用途に合わせたFETをお選びいただくことができます。また、軽負荷時も効率よく電圧変換できるように、負荷電流に応じてVFM (Variable Frequency Modulation) モードとPWM (Pulse Width Modulation) モードを自動で切り替える機能を搭載しております。この機能により、重負荷時への対応と軽負荷時の高効率を両立させることができる製品となっております。

過電流保護回路は、異常状態が解消すると自動復帰するヒカップ型と、電源再投入などの制御が必要なラッチ型から選択することが可能です。さらに、低電圧検出機能・過電圧検出機能・低電圧誤動作防止機能・サーマルシャットダウンなどの安全機構も充実させ、安心してお使いいただける製品となっております。また、放射ノイズのピークを抑制する「スペクトラム拡散 (SSCG) 機能」を内蔵しており、EMI試験のリスクを減らし、EMI対策部品面積を減らすことが可能な製品となっており、「使いやすい」製品となっています。

「R1260 シリーズ」は、弊社やしろ工場 (兵庫県加東市) での生産で、パッケージはリードピンタイプで実装が容易なパッケージ「HSOP-18」を採用しております。また、10年間供給可能な状態を維持する「長期供給プログラム」の対象予定製品となっておりますので、安心して長期間ご使用いただける製品です。

R1260
R1260 シリーズ (HSOP-18)

製品名 R1260 シリーズ
サンプル価格 550円 (税込) 1,000個購入時の参考価格
サンプル受注開始日 2021年 7月 27日
パッケージ HSOP-18
月産規模 200万個

新製品 R1260 シリーズの主な特⻑

1. 入力最大電圧60V 最大定格80Vの高電圧から直接降圧が可能

「R1260シリーズ」は、入力電圧範囲が5.0V~60V、最大定格は80Vと高い電圧を直接入力できるDC/DCコントローラです。出力電圧は1.0V~16.0Vの範囲内で外部調整可能で、「R1260シリーズ」を使用すれば、高い電圧からマイコン・SoC・センサー等のデバイスの電源電圧に直接降圧させることが可能です。従来のような2ステップでの降圧方式に比べ60Vまでの電圧を直接降圧できるため、トータルの変換効率を大幅に改善することが可能です。

2. PWM/VFM自動切替技術により重負荷と軽負荷高効率を両立

「R1260シリーズ」は軽負荷時も効率よく電圧変換できるように、負荷電流に応じてVFM (Variable Frequency Modulation) モードとPWM (Pulse Width Modulation) モードを自動で切り替える機能を搭載しております。この機能により、重負荷時への対応と軽負荷時の高効率を両立させることができる製品となっております。

R1260
効率 (VOUT=5.0V, fosc=250kHz)

3. スペクトラム拡散機能 (拡散率:-7.2%) によりEMIノイズを軽減

昨今、電子機器の高機能化が進み、様々な通信システムが車両に搭載されています。各々のシステムが受信機であり、かつノイズ発生源となり得る機器となりますので、それぞれで発生するピーク雑音を抑える必要があります。「R1260シリーズ」は、SSCG (Spread Spectrum Clock Generator) を用いたスペクトラム拡散機能により雑音エネルギーを分散する事でピーク雑音を抑え、EMI対策に貢献します。

新製品 R1260 シリーズの品質グレード

品質区分 用途 動作温度範囲 検査温度
低温 25°C 高温
K品 車載一般電装品 −40°C ~ 125°C * * *
A品 車載アクセサリー −40°C ~ 125°C   * *
Y品 産業機器 −40°C ~ 125°C   * *
民生品 民生機器 −40°C ~ 105°C   *  

| リコー電子デバイスについて |

リコーの半導体事業は1981年に株式会社リコーの一部門としてスタートし、外販も含めて30年以上に渡り事業展開を行ってきましたが、変化の激しい半導体業界で迅速な経営判断を行うために、2014年10月よりリコー電子デバイス株式会社として再スタートし、さらに2018年3月より日清紡ホールディングスの一員として更なる成長を目指しております。

当社は半導体デバイスの企画から開発・生産・販売・品質保証まで一貫した機能を保有し、CMOSアナログ技術をコアとして、携帯機器や車載・産機市場向けの小型・低消費電力・高耐圧・大電流の電源ICや小型で高精度なLi電池保護ICなどを提供し、お客様製品の付加価値向上に貢献しています。

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。

報道関係者様へ

R1260 製品画像ダウンロード

高解像度の製品画像がダウンロードできます。

ご利用条件:
画像として掲載されている画像データは、リコー電子デバイス株式会社 (以下、当社) が著作権その他の権利を有しております。
画像は、各種報道機関が、当社および当社の各商品を紹介するためにのみご利用(複製、アップロード、掲示、頒布、出版等を含む)いただけます。それ以外のご利用は、事前に当社の文書による許諾がない限り、禁止いたします。