NJG1739K51
5GHz帯SPDT スイッチ + LNA GaAs MMIC

データシートダウンロード

  • 概要

    NJG1739K51 は無線LAN のフロントエンド用途に設計された5GHz帯SPDTスイッチ + 低雑音増幅器GaAs MMIC です。NJG1739K51 は低消費電流とTX 経路の低挿入損失、RX LNA モードでの低雑音指数を特徴とします。NJG1739K51 はESD保護素子を内蔵している高ESD耐圧を有します。パッケージには小型・薄型のQFN12-51 パッケージを採用しました。

    アプリケーション


    • 5GHz 帯無線LAN フロントエンド用途

  • 仕様
    民生
    用途 WLAN
    雑音指数 Typ. [ RX LNA mode ] 2.5dB
    P-1dB Typ. [ RX LNA mode ]1dB 利得圧縮時入力電力 (0dBm)
    [ RX Bypass mode ]1dB 利得圧縮時入力電力 (+15dBm)
    消費電流 Typ. [ RX LNA mode ]8mA @VDD=3.6V, VCTL1=VCTL3=3.3V, VCTL2=0V)
    [ RX Bypass mode ]4μA @VDD=3.6V, VCTL1=3.3V, VCTL2=VCTL3=0V
    周波数範囲 4900-5900MHz
    電源電圧 VDD=3.6V
    外形サイズ Typ. 2.0x2.0x0.375 mm
    動作温度範囲 -40°C to 85°C
    ジャンクション温度 150 °C
    パッケージ QFN12-51
    挿入損失 [ TX mode ] 0.5dB [ RX Bypass mode ] 8.5dB
  • 技術資料
  • 品質・パッケージ
    • 製品詳細はデータシートをご参照ください
    • パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パット推奨寸法 (ランドパターン)、などは各パッケージをご参照ください
    • 公開されていない信頼性情報については、販売店または当社までお問い合わせください

データシートダウンロード

機能説明

以下の仕様で類似品を検索します。