旧会社製品の品質グレード (Rで始まる電子デバイス製品)

当社の製品にはアプリケーションに合わせた品質グレードがあります。
スマートフォン、薄型テレビ、パソコンなどの民生機器には、一般品質レベルである民生グレード製品が最適ですが、中には高い品質レベルを要求するアプリケーションもあります。
工場の生産ラインなどで使用される産業ロボットや協調ロボットなどでは、24時間稼動や動作周囲温度に対する要求が高い場合があります。その場合には、厳しい信頼性試験に合格した高品質な産業グレードが求められます。
自動車に搭載される車載機器には車載グレードの品質レベルが求められます。車載グレードでは、特に用途に合わせた3つの品質ランクがあり、ご利用になる機器に合った製品を選択することが出来ます。

 

これらの品質グレード/品質ランクはコストとのトレードオフの関係にありますから、いたずらに要求以上の高い品質グレードの製品を使用するわけにはいきません。当社では、きめ細やかな品質グレードを設定することで、お客様のアプリケーションに最適な製品を提供することが出来ます。

品質グレード 品質ランク 用途 品質
区分
動作温度範囲 検査温度 トレーサビリティ管理

車載
ランク1 重要保安部品
(運転制御系)
R8 -40°C to 125°C
-40°C to 110°C
低温, 25°C, 高温 販売トレーサビリティ
生産トレーサビリティ
R -40°C to 125°C 低温, 25°C, 高温
ランク2 一般装備品
(ボディー系)
K -40°C to 125°C 低温, 25°C, 高温
J -40°C to 105°C
H -40°C to  85°C
ランク3 アクセサリー系 A -40°C to 125°C
-40°C to 105°C
-40°C to  85°C
25°C, 高温

産機
- 産業機器 Y -50°C to 125°C
-50°C to 105°C
-40°C to 125°C
-40°C to 105°C
25°C, 高温 販売トレーサビリティ

民生
- 一般電子機器 - -40°C to 125°C
-40°C to 105°C
-40°C to  85°C
25°C 販売トレーサビリティ

品質ランクは、用途毎にあり、生産工程の検査を強化し、品質を高めています。

品質区分 R品/ K品/ J品/ H品は、Taが異なりますが、製品はいずれかになります。

動作温度範囲は製品によって異なります。詳細は製品詳細ページを参照ください。

品質区分 R品は、リフロースクリーニングを実施します。

販売トレーサビリティ:入出庫管理により製品の出荷先など追跡が可能

生産トレーサビリティ:生産履歴管理により原材料や製造装置まで追跡可能