プレスリリース
2022年2月24日

3~5セル Liイオン電池向け保護IC「R5651 シリーズ」発売

日清紡マイクロデバイス株式会社(社長:田路 悟)は、3~5セル Liイオン電池向け保護IC「R5651 シリーズ」を発売します。

概要

Li イオン電池を搭載する電動工具、クリーナー、電動アシスト自転車、E-Bike、ドローン、蓄電池等において電池の保護機能は、機器の安全対策でますます重要になってきております。
R5651 は、過充電、過放電、放電過電流および充電過電流検出の低電圧、温度保護の高精度モニター、セル接続フリーを実現、カスケード機能を採用し、また、充電経路と放電経路を分離することで、電池パックの低インピーダンス化の実現もでき、さらに、小型パッケージTSSOP-24 を採用しており高精度、低消費化、省スペースで、お客様のLiイオン電池アプリケーションの競争力向上にお役立ちします。

R5651シリーズ (TSSOP-24パッケージ)

R5651シリーズ (TSSOP-24パッケージ)

製品名 R5651シリーズ
サンプル価格 550 円(税込み/1,000 個購入時の参考価格)
サンプル受注開始日 2022年 2月 24日
パッケージ TSSOP-24 (7.8×6.4×0.9 mm)
月産規模 100万個

特⾧

1. 業界トップクラスの高精度過充電(OVP)モニター

各セルモニター電圧範囲: 3.6V ~ 4.5V, モニター精度: ±25mV

2. 業界トップクラスの高精度過放電(UVP)モニター

各セルモニター電圧範囲: 2.0V ~ 3.2V, モニター精度: ±50mV

3. 電流センス抵抗の低抵抗対応により、当社最高の低電圧高精度の達成

抵抗値の低いセンス抵抗を使うことで、大電流時の発熱を抑えてボードの熱設計が容易化にします。

  • - 放電過電流検出電圧精度 10mV ~ 30mV: ±3mV
  • - 充電過電流検出電圧精度 -8mV ~ -30mV: ±3mV

4. 温度保護
低温充電、高温充電、高温放電 3点の業界トップクラスの高精度±3°C達成

  • - 低温充電制御 (TDCL) 設定 -5, -3, 0°C: 精度±3°C
  • - 高温充電制御 (TDCH) 設定 45, 50, 55, 60°C: 精度±3°C
  • - 高温放電制御 (TDDH) 設定 65, 70, 75°C: 精度±3°C

5. セル間電圧で構成する回路に当社最大の高耐圧素子の採用

セルモニター端子高耐圧化によりバッテリーセルと基盤とを初めて接続するときに、接続順に制約がないことから、お客様の製造工程の簡素化も実現できます。

6. カスケード機能

本IC は3~5 セル向けですが、2個以上カスケード接続することで6セル以上の電池パックにも対応可能で、かつシンプルな回路構成により外付け部品点数の削減に貢献します。

7. パッケージ

最適機能でTSSOP-24 (7.8×6.4×0.9 mm) のリード付き小型パッケージを採用。電動工具等の振動に強く耐久性に優れています。

主な仕様

項目 R5651 シリーズ
絶対最大定格 (VDD, VCx) 30 V
消費電流 Typ. 13 μA (通常動作時)
スタンバイ電流 6.0 μA (Typ)
過充電 (OVP) 検出電圧範囲 3.6 ~ 4.5 V
過充電 (OVP) 検出電圧精度 ±25 mV
過放電 (UVP) 検出電圧範囲 2.0 ~ 3.2 V
過放電 (UVP) 検出電圧精度 ±50 mV
セル数 3~5 セル

このニュースリリースの詳細 (PDF)

3~5セル Liイオン電池向け保護IC「R5651 シリーズ」発売

報道関係者様へ

  • 製品画像ダウンロード
  • プレスリリースに関するお問い合わせ