R3119 シリーズ
入力最大36V センス端子/遅延機能付き ボルテージディテクタ

データシートダウンロード

  • 概要

    R3119 シリーズは36Vまで動作可能なCMOSボルテージディテクタICです。36V入力(動作絶対最大定格50V)で12Vまで直接検出可能なのでデジタル家電などに最適です。

    遅延機能付きのAバージョンとSENSE端子分離型のEバージョンをご用意しています。Aバージョンの解除遅延時間精度は-50%~+80%です。Eバージョンは電源が確保されている限り、リセット出力が不安定にならず、"L"を保持することができます。パッケージはSOT-23-5と、民生品と産業品では小型のDFN(PLP)1820-6 もご用意しています。産業品の動作温度範囲はマイナス50°Cまで対応しており、低温から高温まで幅広い温度範囲をカバーしています。

  • 仕様
    民生 産業 車載
    動作電圧範囲 R3119xxxxA: 1.2 V ~ 36.0 V (50.0 V)
    R3119xxxxE: 2.1 V ~ 6.0 V (7.0 V)
    動作温度範囲 -40°C ~ 105°C (125°C) -50°C ~ 105°C (125°C) -40°C ~ 105°C (125°C)
    消費電流 Typ. 3.3 µA
    検出電圧範囲 2.3 V ~ 12.0 V (0.1 Vステップ)
    検出電圧精度 ±1.5% (Ta = 25°C)
    検出電圧温度係数 Typ. ±100 ppm/°C
    解除遅延時間 R3119xxxxA: Typ.85 ms (CD = 0.01 µF)
    解除遅延時間精度 R3119xxxxA: −50% ~ 80%
    出力形態 Nch Open Drain
    パッケージ DFN(PLP)1820-6, SOT-23-5 DFN(PLP)1820-6, SOT-23-5 SOT-23-5
  • 技術資料
    • SPICEモデルダウンロード

      SPICEシミュレーション モデルをダウンロードいただけます。 対象となるSPICEモデルを選択してください

    • R3119xxxxA 基本回路例

      R3119xxxxA 基本回路例

      R3119 の入力電圧とCPUの入力電圧が等しい場合

    • R3119xxxxE 基本回路例

      R3119xxxxE 基本回路例

      R3119 の入力電圧とCPUの入力電圧が等しい場合

    • R3119xxxxA タイミングチャート

      R3119xxxxA タイミングチャート

    • R3119xxxxE タイミングチャート

      R3119xxxxE タイミングチャート

  • 品質・パッケージ
    • 製品詳細はデータシートをご参照ください
    • パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パット推奨寸法 (ランドパターン)、などは各パッケージをご参照ください
    • 公開されていない信頼性情報については、販売店または当社までお問い合わせください

データシートダウンロード

機能説明

以下の仕様で類似品を検索します。

カテゴリ:ボルテージディテクタ (リセットIC)

入力電圧
min (V)
1.2
入力電圧
max (V)
36.0
解除遅延
時間
Adjustable,No
検出電圧
min (V)
2.3
検出電圧
max (V)
12.0