入力オフセット電圧

1.入力オフセット電圧の定義

入力オフセット電圧VIOとは、出力をゼロにするための入力電圧です。図1はミスマッチの無いオペアンプに入力オフセット電圧を付加した回路です。この回路では、入力の電位差を0Vとして回路計算できます。

VIO_point.jpg 
図1 入力オフセット電圧を付加したオペアンプ等価回路

2.入力オフセット電圧による出力誤差

代表例として、図2に反転増幅器、図3に非反転増幅器を示します。入出力の関係式の第2項が入力オフセット電圧による誤差になります。入力レベルが小さい場合は第2項が支配的になるため、アプリケーションによっては、より低入力オフセット電圧のオペアンプを選択する必要があります。

VIO_Fig-2.png
VIO_Fig-3.png
図2 反転増幅器
図3 非反転増幅器