NJU7705 シリーズ
遅延機能付ボルテージディテクタ

データシートダウンロード

  • 概要

    NJU7705はC-MOSプロセスを使用し、遅延機能、MR(マニュアルリセット)機能、高精度検出電±1.0%、超低消費電流0.9µA等の特徴を持った電圧検出器です。バッテリーの低電圧検出やマイコンの供給電源の電圧低下による誤動作防止などの用途で活躍します。電源電圧が不安定な場合、遅延機能により待ち時間を設けることが可能です。また、周辺回路を先に立ち上げ、安定させてからマイコンやDSPを駆動させる、といったシーケンスを組むことが出来ます。遅延時間は、外付けコンデンサにより任意に設定可能です。また、MR端子により、検出電圧に関わらず任意にリセット信号を出力することができます。パッケージはSOT-23-5と超小型のSC-88Aの2タイプがあり、セットの小型化が要求されるポータブル機器や、マイコン・DSP等を使用するあらゆる機器に最適です。

  • 仕様
    民生 車載
    動作電圧範囲 0.8 V ~ 9 V (10 V)
    動作温度範囲 -40°C ~ 85°C -40°C ~ 105°C
    消費電流 Typ. 0.9 µA
    検出電圧範囲 1.5 V ~ 6 V (0.1V Step) 2.5 V ~ 4.5 V (0.1V Step)
    検出電圧精度 ± 1 % ± 3 %
    出力形態 C-MOS出力
    パッケージ SC-88A
    SOT-23-5
    機能 遅延機能付(外付けCにて任意調整)
    MR(マニュアルリセット)機能付 (Active “L” : NJU770***AActive “H” : NJU770***B)
  • 技術資料
  • 品質・パッケージ
    • 製品詳細はデータシートをご参照ください
    • パッケージ外形図、テーピング仕様、テーピングリール外形図、許容損失、基板パット推奨寸法 (ランドパターン)、などは各パッケージをご参照ください
    • 公開されていない信頼性情報については、販売店または当社までお問い合わせください

データシートダウンロード

機能説明

以下の仕様で類似品を検索します。

カテゴリ:ボルテージディテクタ (リセットIC)

入力電圧
min (V)
0.8
入力電圧
max (V)
9
解除遅延
時間
Adjustable
検出電圧
min (V)
1.5
検出電圧
max (V)
6