プレスリリース
2022年7月21日

~ セットの小型化および実装面積の削減に貢献します ~

光学式反射型エンコーダ「NJL5821R、NJL5822R」の量産開始

日清紡マイクロデバイス株式会社 (代表取締役社⾧: 田路 悟) は、回転方向や位置検出に最適なデジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダ「NJL5821R、NJL5822R」の量産を開始しました。

概要

近年、小型モータや操作ダイアルの回転検出、リニアアクチュエータ等の高精度化に伴い小型の位置検出の需要が増えております。
デジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダ NJL5821R、NJL5822R は、新規設計の受光ICと高出力の赤外LEDを組み合わせる事で、低消費電流を実現しました。 従来の直線方向や回転方向などの位置検出においては、センサとストライプミラー間の距離を一定にする調整が必要でした。NJL5821R、NJL5822R は、受光素子の受光レベルを独自の処理をすることにより、距離変動に強い特性を実現します。

NJL5821R/NJL5822R

左から NJL5821R、NJL5822R (COB パッケージ)

特⾧

1. ストライプミラーの距離変動に強い特性

従来の直線方向や回転方向などの位置検出においては、センサとストライプミラー間の距離を一定にする調整が必要でした。NJL5821R、NJL5822R は推奨反射板 (ストライプミラー) からの反射光を独自の処理をすることで、ロバスト性※1に優れ、機器への組み込みの簡略化や、距離変動に強い特性を実現します。 また、センサとストライプミラー間の距離が変動しても、Dutyや位相差の変動がほとんどありません。

※1 センサの取り付け精度や外部環境の変化の影響を受けにくい性質

2. 広い動作温度範囲でモータに直接組み込みが可能 (業界最高温度)

NJL5821R, NJL5822R は、動作温度を高温側で105°Cまで上げることに成功しました。これにより高温環境下での動作が求められるモータなどに直接組み込むことが可能になります。

3. 発光素子 (LED) の駆動電流含め低消費電流設計

NJL5821R、NJL5822R は高出力赤外LEDと高感度・低消費電流の受光ICを組み合わせることで、バッテリー機器でも使用可能な低消費電流設計を実現しました。 他社従来製品の1/5程度の駆動電流にて動作させることが可能です。※2

※2 2022年7月 日清紡マイクロデバイス調べ

4. デジタル2相出力により、回転 (移動) 方向や位置検出が可能

NJL5821R、NJL5822R は推奨反射板を組み合わせて使用することで、簡単にデジタルの2相信号が得られ、回転 (移動) 方向や位置検出が可能です。

デジタル2相出力

5. 150LPI、180LPI の高分解能で産機でも利用可能

NJL5821R、NJL5822R は既存品の NJL5820R からさらに分解能を高め、産業機器やカメラ関係など様々な分野でご利用いただけます。

分解能 / 推奨動作条件 比較表

製品名 分解能 推奨動作条件 生産状況
順電流 電源電圧 反射板との距離
NJL5820R 50.8 LPI 2 to 30 mA 2.7 to 5.5 V 0.2 to 5.0 mm 量産中
NJL5821R 150 LPI 4 to 30 mA 2.7 to 5.5 V 0.5 to 5.0 mm 量産開始
NJL5822R 180 LPI 4 to 30 mA 2.7 to 5.5 V 0.5 to 5.0 mm 量産開始

推奨反射板 (ストライプミラー)

製品名 推奨反射板 (ストライプミラー)
反射面/非反射面 寸法 反射率
NJL5820R
(既存品)
反射面 0.250 mm >70%
非反射面 0.250 mm <20%
NJL5821R 反射面 0.085 mm >70%
非反射面 0.085 mm <20%
NJL5822R 反射面 0.070 mm >70%
非反射面 0.070 mm <20%

※ (株)メルテック製 ストライプミラー使用のとき

端子配置

PIN NO. SYMBOL DESCRIPTION
1 Cathode (LED) Cathode for LED
2 GND GND
3 Vout2 Output2
4 Vout1 Output1
5 V+ Power Supply
6 Anode (LED) Anode for LED

* NJL5821R/NJL5822R 共通

端子配置

製品機能

項目 NJL5821R / NJL5822R
パッケージ 2.6 x 2.5 x 0.8 mm
COBパッケージ
電源電圧 2.7 V to 5.5 V
動作温度範囲 -30°C to 105°C
出力方式 インクリメンタル出力方式
出力 デジタル2相出力: A, B相
分解能 NJL5821R: 150 LPI
NJL5822R: 180 LPI
サンプル価格 (100個購入時の参考価格) NJL5821R: 495円 (税込み)
NJL5822R: 550円 (税込み)
月産規模 10 万個

※2022年7月現在の消費税率に基づいて金額を表示しています

測定方法例

測定方法例

アプリケーション

  • 操作ダイアルの回転検出
  • 映像用ZOOMモータの回転検出
  • インクリメンタルエンコーダ

報道関係者様へ

  • 製品画像ダウンロード
  • プレスリリースに関するお問い合わせ