title

Vision トップメッセージ

「つなぐ」技術で未来を切り拓く 代表取締役社長 田路 悟

時代に求められて
生まれた新しい会社

日清紡グループは、もともと繊維事業でスタートしましたが、時の流れとともに、その時代、時代が求めている方向へと事業ポートフォリオを変革させてきました。現在は、私たちのリアルな日常(フィジカル空間)とデジタルの世界(サイバー空間)を「つなぐ」役割を果たすマイクロデバイス事業が、日清紡グループの一翼を担っています。
マイクロデバイス事業は、これまで新日本無線(株)とリコー電子デバイス(株)の二社がそれぞれの強みを活かして個別に事業を展開してきましたが、世界で戦える会社になるためグループとしてのシナジー効果を追求するべく、2022年1月に二社を経営統合し「日清紡マイクロデバイス株式会社」として新たなスタートを切ることになりました。
この統合は、日清紡グループとしての成長戦略の一環であり、両社の強みを活かして製品ポートフォリオをさらに拡充し、世界中の顧客から期待される「アナログソリューションプロバイダー」になることを目指しています。

使命は
Connect Everything
~あらゆる空間の情報や信号をつなぐ~

これからの世界はフィジカル空間とサイバー空間が高度に融合した世界になっていくと考えています。そして、この2つの空間を繋ぐためには、アナログ情報をデジタル信号に変換したり、逆にデジタル信号を現実世界で役立つ情報に変換したりする高度な技術が必要であり、こうした技術は一般に「アナログ技術」と呼ばれています。人が耳で聞いている音や目に見えるものは全てアナログ情報であり、こうしたアナログ信号をコンピューターで処理するためにデジタル信号に変換したり、その逆の処理をするために使われるのが当社の様々なマイクロデバイス製品です。また、スマホやパソコンなどのデジタル機器の電源を高い精度で管理するためにも、当社の製品が多く活用されています。
このように、日清紡マイクロデバイスは、フィジカルとサイバーという異なる領域を相互につなげる技術(Connect Everything)を追求していくことを使命とした会社です。

当社は、こうした「つなぐ」技術のトップランナーであり、EV化が加速する自動車業界や産業の効率化を進め生活の質も向上させるIoTやロボット産業など、今後、当社製品が使われる場面が爆発的に拡がっていくと予測しています。そしてその多くの場面で、これまでより低消費電力かつ高精度で動く製品があったらどうでしょうか。よりエコで、より便利な世界が実現できるようになるでしょう。これは、当社の製品が、環境に優しい未来に大きく貢献できるという事に他なりません。

大切なのは恐れずに
チャレンジすること

学生の皆さんが主役となるこれからの数十年、そして皆さんの子供たちの世代が暮らす未来を切り拓く仕事に就くことは、皆さんにとっても大きな喜びに繋がると思います。そして我々の会社は、やる気さえあれば様々なことにチャレンジできます。誰でも新しいことにチャレンジする際には、どうしても不安が伴うかもしれません。しかしまずは恐れずにチャレンジしてみてください。やる気と前向きさは、必ず人を成功へと導いてくれます。
日清紡マイクロデバイスは、「自ら考え、自ら行動し、自ら創り出す」という積極的な気持ちを大切に、これからも前進し続けたいと願っている会社です。この想いに共感できる皆さん、ぜひとも世界に通用する技術や製品を一緒に生み出し、共に成長していきましょう。

田路 悟